« デルフィニュームとジギタリス | トップページ | 12月の花 »

西洋芝…秋の種蒔き、その後

 9月下旬から10月上旬に西洋芝の種蒔きをしたその後ですが…
 我が家の場合、オーガニックなので夏場は枯れる事を前提にしているため特に秋の種蒔きは、すばやく復活させるアタック、チャ~ンス!だったんですが発芽は順調だったものの、その後の生育が今一つ思った通りじゃなく今年も完全回復とまでは至りませんでした。
 原因の一つは、たぶん…土壌なんでしょう。
我が家の場合、西洋芝用に特別なことはしておらず、地中は真土(まさつち)なので年数が経ち徐々に水はけが悪くなっているのかもしれません。
 ましてや、エアーレーションといって水はけ、土壌改良を目的に芝に穴を開ける作業…詳細は割愛…があるんですが、やったからと言って見栄えが良くなるわけじゃなく実に地味な作業! 雨降り後じゃないとメチャしんどい作業なのでチョット、もしくはかなり手抜きをしていたのが原因と思います。
 先日、ゴルフ場のグリーンキーパーをしている同級生にこのエアーレーションを尋ねたところ、月に2回も行うとか言ってました。
 今までは自分でとりあえずやってみようとあまり頼らなかったのですが、やっぱり今後はいろいろお酒でも飲みながら相談に乗ってもらおう!

07-12-08           07-12-0520071208_02
20071205_13 





 さすがに冬場の緑は衰えるので、さらに蒔きムラ、蒔き損ねが目立ちます。

07-11-21           07-11-21
20071121_1820071121_16 





 蒔きムラ、蒔き損ねが目立ち始めました。 

07-10-26           07-10-26
20071026_0320071026_02





 いい感じの復活に見えますが、芝に覆いかぶさる花が邪魔ぁ~!

|

« デルフィニュームとジギタリス | トップページ | 12月の花 »

コメント

ROSEさんへ。
 芝生の管理って難しいよな。
この芝生さえなかったらどんなに楽なことか。
もっと遊びに行けるのに。
 でも無かったら俺の庭仕事無くなるから
頑張りまーす。
 草花が顔を出してる方がやっぱり共存し
てるって感じでいいよな。
 秋に完全復活!なんて大げさなことを考
えたのが失敗だったかな(笑)

投稿: きたはりま | 2007年12月21日 (金) 23:33

こんばんは、ROSEです。
うちも以前は芝生だったんですが、お手入れが大変なのとお客様(ムカデ)が多いのでじ除去。”きたはりま”さん家は、芝生の部分も多いのでさらに大変ですね。※10-26の画像、私は好きですよ。線を引いたように整備された芝生よりも所々、草花が顔を出している方が自然的で柔らかな感じがして好きですよ。

投稿: ROSE | 2007年12月21日 (金) 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デルフィニュームとジギタリス | トップページ | 12月の花 »